理系夫婦Y子とMの昭和から令和まで

都内で働く薬剤師Y子と、パソコン・DIY・生物などに詳しい理系の夫M。昭和30年代から今日までの実体験に最新の情報を加え、多くの方々、特に子育て・孫育て世代の皆様のお役に立つことを願いつつ発信する夫婦(めおと)ブログです。

人々の心に届くリーダーの言動

薬剤師Y子です。

子育て中、孫育て中の皆さま、毎日お疲れ様です。

新型コロナウイルスの影響で誰もが「我慢の週(GW)」を過ごしている今、私は世界の女性リーダー達の言葉や振る舞い方に注目しています。

 

例えば、台湾の蔡英文総統。

www.nippon.com

特にWHOテドロス事務局長が「自分は台湾から人種差別攻撃を受けている」と述べた際の品格ある反論。

https://www.nippon.com/ja/japan-topics/g00860/?pnum=3

 


次に、ドイツのメルケル首相。

courrier.jp

量子化学の博士でもあるメルケル首相の言葉や態度からは「科学的な事実や専門家の意見を何よりも尊重している」ことが人々に伝わり、「そりゃあ自分にも不満はあるけれど、今は首相に従おう」と思わせる抜群の説得力があります。

 

そして、ニュージーランドのアーダーン首相も、幼い娘を寝かしつけた後に自宅から配信した動画で「この時期に自宅で過ごすことの重要性」を分かりやすく親しげに国民に語りかけ、話題になりました。 

courrier.jp

若い女性リーダーの存在は、幼い孫娘がいる私に色々な意味で希望を与えてくれます。

f:id:Yakuzaishi-Y-co:20200505132751j:plain

 

世界の政治的リーダーとは別に、薬剤師Y子が「新型コロナウイルスに関する情報過多」の中で勝手に「私のオピニオンリーダー」と呼んで常にチェックしているのは、このブログにも既に何度か登場している山中教授のサイトです。

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

上のサイトにある「3種類の被害者」のうち「エッセンシャルワーカー」の一人として、これからも私は、様々なことに気を配りながら働きます。  

今の我慢や努力や工夫が必ず良い結果に繋がることを信じて。