理系夫婦Y子とMの昭和から令和まで

都内で働く薬剤師Y子と、パソコン・DIY・生物などに詳しい理系の夫M。昭和30年代から今日までの実体験に最新の情報を加え、多くの方々、特に子育て・孫育て世代の皆様のお役に立つことを願いつつ発信する夫婦(めおと)ブログです。

マイクロソフトさん 太っ腹?

Mです。

7月に、500円で買った富士通さんのワークステーション用タワーで作ったWin10マシンが、トラブった。このマシンは、Core i7 model960(4コア/スレッド、3.2GHz)で組んだもので、なかなかの性能だった。実はこのマシン、息子の仕事用に提供したもので、以後、バリバリ働かされていた。ところが、先週半ばに、情報収集のため某有名書店の電子書籍用アプリをインストールした後から動きがおかしくなり、2日前の朝起動しようとしたらエラーメッセージが出て回復しなくなってしまった、との連絡が入った。

www.yakuzaishi-y-co.work

Win10では、起動エラーが起こると薄いブルーの画面になって、修復プロセスに入る。復旧するから待っててね、のようなステップになって進んでいくのだが、うまくいかないと、修復できなかったので他の方法を選んでくれ、と選択肢を示してくる。

Win7でおなじみの復元ポイントやバックアップからの回復を選ぶ方法など、いくつも示されるが、実はこれ、固定画面の選択であって、それで治るかどうかは見た目で全く分からない。

以前、自分のマシンでも同じ薄青画面対応でうまくいかなかった経験もあるので、あまり期待していなかったが、とりあえず可能性のありそうな回復方法をすべて試してみた。

が、案の定失敗。

これはもう、定型モードに任せておいてもダメだと思い、セーフモードに入って状態を確認してみようとしたが、それも出来ないと分かった。もしかすると、Cドライブに入れないのかも知れない。かなり深刻な事態だと感じた。

コマンドの画面には入れたので、久しぶりにDOSコマンドでCドライブをチェックしようとしてビックリ。ルートディレクトリがCではなくてXになっているではないか。ドライブチェンジのコマンドを送ると、一瞬C:と表示されるもののすぐにX:に変わってしまう。これはおおごとだ。確か、XというのはWin10をインストールするときに作られるシステム用のサブ領域で、普通は表に現れない。システム修復用のプログラムと初期情報が書き込まれているエリアだったはずだ。ということは、そこから出られない、いや、その領域しか活きていないのかも知れない。

そこで、システムを入れていたハードディスクを取り出して、別のマシンに外部ドライブとして繋いで中を見てみることにした。

すると思った通り、サブ領域は読みとれる状態なのに、本来Cドライブだったはずの領域は未フォーマット状態で認識できなかったのである。つまりは、ブート領域が壊れてしまって見えなくなってしまったということ。もはやバンザイ、お手上げである。これでは、いくら修復しようとしても修復すべき場所がないのだから、どうしようもなかったわけだ。

こうなるともう、システムの総入れ替えになる。

取り出したハードディスクを再フォーマットして使うことも考えたが、書き込みエラーなどが起こって認識不能になった可能性があるから、それは怖い。ごそごそと棚を漁ると、打ってつけのハードディスクが余っていた。早速それを繋いでディスクエラーが無いかどうかチェックしてみると、エラー無し。それまでデータ用に使っていたものなので、クイックフォーマットして使うことにした。

と、ここでちょっと悩んだ。

前回は、Win7をまずインストールして、そこにマイクロソフトさん提供のMediaCreationToolで、Win10のVer.1809をグレードアップ・インストールしたのだった。今回もそうしようかと思ったものの、現在のWin10システムはその時点より1年以上代を重ねてきている。だから、同じことをすると、立ち上げた尻から更新プログラムを大量にダウンロードしてはインストールしなくてはならない。 

そこで、MediaCreationTool自体が代変わりしている可能性があるかも、と探ってみたら、あった!ありました!! マイクロソフトさんは、2019年5月に公開したWin10システムを公開してくれていたのだった。

f:id:otto-M:20191105223656p:plain



www.microsoft.com

これを使えれば、1年分以上にわたる更新をしなくて済む。出来ればクリーンインストールしてしまいたい。

Ver.1809がそうだったのだが、承認済みWin7をそれでアップグレードすると、承認されたWindowsのプロダクトナンバーがみんな同じになると知っていた。だから、既に同じようにしてWin7から10にアップグレードしたマシンのプロダクトキーを使えば、Win10をいきなりインストールできるはず。とにかくまず、インストールまで終えてしまえば、あとから承認をどうにかすればよいはずだ。

ということで、早速、上記のマイクロソフトさんからMediaCreationToolVer.1903をダウンロードしてDVDに焼き込み、Win10インストールディスクを作った。

さあ、あとはハードディスクを入れ替えたマシンにインストールするだけだ。
Biosを立ち上げて起動ドライブ設定を確認し、インストーラーDVDを始動した。
嬉しいことに、今回のToolでは、最初からクリーンインストールの選択も出来るようになっていた。もちろん、そちらを選択してインストール開始。ただ、途中で承認するしないでもめるのは嫌だから、ネットには繋がずに作業した。
・・・・
30分ほどで難なくインストールが完了し、ネットに繋ぐ。

マザーボードがらみの諸々ドライバー類をインストールしつつ様子を見たが、いっこうに承認を迫ってこない。いつになったら承認を促してくるのかと気にしていたが、1時間経っても何も言ってこない。

もしかして承認済みになっていたりはしないよな、と思って、コンピューターのプロパティーを開けてみてビックリ。なんと、承認済みになっているではないか。

どうやら、Win10は一度死んだものの、ハードディスクを交換しただけでマザーボード、CPUなどの主要部材は同じだったから、再インストール扱いですんなり承認されてしまったらしい。

いや、もしかすると、マイクロソフトさんは、Win10自体を太っ腹に公開している現在、もはや細かな個別承認はどうでもよいと考えているのかも知れない。自らのサイトからダウンロードしたシステムを使って新たなインストールを行っても、フリーパスにしているのかも知れないと感じた。
そういえば、Win10 Ver.1903のサイトには、承認キーがどうとかは触れられていなかった。

だとすると、正規版Windowsのインストールディスクが売られている現実と整合性がない。一体どういうこと?

PCを自作する者にとっては、何とも有り難いことだが、一方でちょっと不可解で気分が晴れない。

う~~む、ちゃんと調べてみる必要がある。

狂い咲き

Mです。

毎年、同じサクラがほぼ似た時期にポツポツと狂い咲きするのを見てきている。必ずそうなる樹を2本知っていて、今年も10月30日、31日とそれぞれを確認することになった。

一本は、樹高4mほどの比較的若い樹で、国道4号線バイパス下り車線で元荒川を渡る手前の神社にある樹。

 ↓ 30日 信号待ちの際に携帯撮影。画像のショボさはご勘弁。

f:id:otto-M:20191031222320p:plain

去年は11月に入ってからだったが、この様子だと、たぶん1週間前頃から咲いていたらしい。そこそこの数咲いているのだが、春になると、こんなものではなくしっかりと満開になるから、ごく一部の花芽だけがマチガッてしまうらしい。周りの樹々がもみじ色に変わっていく中で、ここだけ場違いで、かえって物寂しい景色だ。とはいえ、花そのものは、なかなかに可愛く綺麗なのだ。

もう一本は、江戸東京博物館北側のサクラ並木の中にある。日大一中・高の入り口側から少し入ったところにあり、しっかりと太い年季の入った壮年の樹。こちらは全体に咲くのではなくて、下の方の枝だけにいつも少しだけ咲く。10月31日の朝、北斎通りを東から進んで並木に突き当たるT字路で、信号待ちしていて気付いた。こちらはほんの数十個だから、咲いて間もないらしい。咲く期間はせいぜい1週間ほどで、数もまばら。まだ枯れ落ちていないサクラの木の枝に花があるというのも、なかなかに興味深い。

サクラの狂い咲きは、量が多いとそれだけでニュースになることがある。ソメイヨシノに代表される春咲きのサクラが、冬になろうとする頃、あるいは真冬まっただ中に咲いていると、それだけでニュース性を持ってしまう。

狂い咲き自体は、むかしからよく観られている現象で、植物学の見地からすると、花芽が休眠出来ずにいた場合に起こる、と判っている。そんな休眠できないでいる花芽は、一旦寒さに晒されたあと数日暖かい日が続くと、春の訪れと勘違いして目覚めて咲いてしまう、という現象とされている。

ではなぜ休眠できないかというと、休眠ホルモンと名付けられている化学物質が不足してしまうから。このホルモンは、夏場に葉で作られて花芽に送られる。その量が十分あれば、翌春までの休眠に入れるのだが、足りないと休眠が不確定になって、同じ枝の花芽であるにもかかわらず、眠れた芽と半寝ぼけの芽が出来てしまう。後者は、気候条件が揃うと冬でも咲いてしまう、ということだと説明されている。晩秋から初冬にかけては、必ずと言っていいほど一旦寒くなってもみじが色づき始める。そしてその後、しばらく暖かかったりすることが毎年起こる。その時期が、狂い咲き、の時期に当たるのだ。

この休眠ホルモンが足りない、という事態は、なぜ起こるのか?

その原因はいくつかあるが、ひとつはアメリカシロヒトリなどの幼虫が起こす食害。

つまり、夏場に葉が食われてしまって、ホルモンの製造工場が疲弊してしまった場合である。毎年ではないが、やはり狂い咲きすることの多いサクラ並木を知っていて、そこを5年ほど観察してみたことがある。狂い咲きするときはかなりの数の花が咲いてしまい、近くのゴルフ場に来た客が冬場の花見をするほど。その並木の場合、狂い咲きする樹が同じ樹ではないのが気になって観察していたら、7~8月にかけてアメリカシロヒトリが大発生し、駆除できずに丸裸になってしまった樹は、必ず12月までに咲くと知った。それでも、翌春にはちゃんと満開に見えるのだから、いかに花芽がたくさん出来ているのかと、それはそれで驚きだった。

もう一つは、野分の被害。つまり台風などによる秋口の落葉である。花芽は夏の時期にできあがっているが、休眠完了するのは秋が深まるまでの間とのこと。だから、普通に落葉するまではホルモンの生産と供給が続いているわけで、それが秋半ばまでに台風で途絶えてしまうと、花芽によってはホルモン不足で眠りに入れない、ということなのだ。

とはいえ、毎年見続けている2本は、この説明では理解しがたい。いずれの樹も、葉がちゃんと付いているのを夏場から秋にかけてちゃんと見ているし、今年のように台風に晒されたからといって、他の樹も同じ条件だ。なのに、2本だけ必ず毎年狂い咲く。

きっと、この2本は遺伝的に花芽の休眠機構に緩みがあるのだろう。欠陥ではない。個性である。

ただ、江戸東京博物館脇の樹については、特定の枝だけ狂い咲きしているようなので、もしかすると、その枝は継がれているのかも知れない、とも思っている。

晩秋から初冬にかけて、ヒトの目を楽しませたいのか、あるいはからかいたいのか分からないが、見る方は「おお、また咲いた」と喜んでしまう。

個性派の役者は、貴重だと思うのだ。

 

カフェイン

Mです。

むか~し むかし、男子学生Mは、左目を顕微鏡の接眼レンズに、右目をケント紙に振り分けて、ネズミの組織標本をスケッチしていた。夜も深まる中、組織学のレポートを仕上げていたのである。作業は3日目に入り、あと一歩なのだが、残り1日で仕上げるには眠る時間がとれそうにない。そんな夜の実験室に、先輩の一人が酒臭い息を吐きながらふらりとやってきて、「おお~、やってるねぇ。これ恒例の修行だよね。これ使う?」と、横文字のボトルを実験台に放った。「なんですか?これ。」「覚醒剤、って、ウソ。カフェイン錠。おれ要らないからやるよ。ま、がんばれやっ!」と出ていった。
↓ 現在ネットで買える米国製(超安価) 

  f:id:otto-M:20191028222534p:plain

 それがカフェイン錠との出会いだった。もう、40年以上前の話だ。

高校の頃からインスタントコーヒー常用者だった。大学の実験室にもネスカフェの大瓶が置いてあって、同期の仲間と共同購入して飲み放題だった。カフェインのなんたるかは生物屋の学生なのだからそこそこ知ってはいる。でも、錠剤にお目にかかるのは初めてだった。いまでこそ、ドラッグストアだけでなくネットでも簡単に購入できてしまうが、当時は、どうだったのだろう。そもそも、先輩が放っていったのも米国製で、どこで買ったのかも解らなかった。ブランド名も覚えていないが、たぶん、教室の誰かが渡航の際に買ってきたのだろうと想像していた。
そのカフェイン錠が、見事に効いた! 
最後の夜は2錠で乗り切り、無事レポートは完成したのである。
適当にスケッチするのなら、そこまで時間はかからないのは解っていたが、どうも凝り性なところがあって、いわば趣味で時間をかけてしまっただけの話である。だからといって評価が高くなるわけでもなく、せいぜい、よくまあ細かく描いたなぁ、でおしまい。若気の至り、のひとつだった。

そのカフェイン錠は、1錠中のカフェイン量が200mgだったことだけは覚えている。コーヒーが全く効果無しの状態だったところで飲んだら、30分ほどで目が冴えてきて一気に頭スッキリになった。結局2錠飲んで、別に後遺症もなく過ごしたのだが、それ以後カフェイン錠を使うことはなく、残りの錠剤も先輩と同じく、後輩にポンと放って譲ったのである。

そんなことを思い出しながら、最近問題になっているエナジードリンクについて、結構ヤバイと感じた。かなりの量入っているカフェインの功罪を世の中がもっと認識しないといけない、と思うのである。
学習塾に通うこどもたち(中学生まで)が、何の気なしにシャッキリする、などとエナジードリンク類を安易に飲んでしまう状況は、どう考えてもマズイと思うのだ。

お茶やコーヒーにカフェインが含まれていて、覚醒作用をもたらすことは周知だ。そのカフェイン量は、コーヒーがカップ一杯(約200ml)でおよそ60mg、緑茶、紅茶はその5~6割といわれている。それらに比べ、エナジードリンク類は、ものによってコーヒーの4~5倍量が含まれているので、こどもが飲んだらあっという間に推奨上限をオーバーしてしまう。(下がカナダ保健省の数値)。大人も2本で推奨量を超えてしまうのだから、なかなかの含有量ということだ。致死量には遠いとはいえ、代謝も未熟なからだにとって良いはずはないのだ。

f:id:otto-M:20191028222631p:plain

Mは、毎日インスタントコーヒーをマグカップで5杯以上飲んでいる。ということは、カナダの推奨量からすれば明らかにオーバー。日本の厚生労働省は、基準値のようなものは自ら定めておらず、参考値として上表各機関などの数値を使って解説している。


 ↓ 厚生労働省のカフェインに関する説明は、下記のごとく
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170477.html

 

過剰摂取で健康上の問題が発生する可能性があるのに厚生労働省があまり問題視していないのはどうなのか、という気もするが、じつは一方で、日本人は緑茶をよく飲む習慣があることから、カフェイン耐性が高いのだということが判っている。子どもの頃から食事のあとでお茶を一杯、なんていうのがむかしからの習慣だった人も多いのではないか。事実、Mは小さな頃からお茶だけはたくさん飲んでいた。それが要因で、日本人はカフェインに耐性が高いのだそうだ。上表にある大人の一日推奨量がコーヒー3杯となっているのも、西欧人の例であって、この量を超えるとめまいを感じる人もいるのだそうだ。これまでの日本人には、まずそういう人はいないのだという。カフェインに対する感受性は個人差が大きく、厚生労働省が厳格な物言いをしないのも、そこに要因があるらしい。現に5杯立て続けに飲んでもなんにも変化のないMの様な者も、確かにいるのである。

ただ、今の日本はMが育った頃とは大違いである。飲み物は豊富。種類もめちゃくちゃ多い。それらの中にどれだけのカフェインが含まれているのか、と考えると、耐性が低いこどもたちの飲み物について、よく観ておかなくてはいけないと思う。

バブル全盛期に、当時の三共製薬さんが売りまくった「黄色と黒は勇気のしるし、24時間働けますかぁ~♪」と時任三郎さんがCMで胸を張っていたRegainがまさにそうだが、ほとんどのドリンク剤は1本あたり50mgのカフェインを含んでいる。これは、コーヒーカップ1杯分に近い。子供用ドリンク剤にはもちろん含まれていないものの、学習塾通いでドリンク剤に慣れたこどもたちが中学、高校と進む頃に、なんの抵抗もなく大人用に移行するのは避けられないだろう。耐性の個人差が大きいということは、みんなと同じように飲んでいても、具合が悪くなってしまうこどもも現れるということだ。たいていは大丈夫だから、ということで良しとするものではないのだ。

カフェインが効かないことを自認しているMだが、孫が安易に飲んでしまわないように気を付けていないと、普通の飲み物に実は入っていた、なんてことになりかねない。
これからしばらくは、飲料の表示をしっかり見る習慣を付けたいと思っている。

「食べ放題」と「こども宅食」

薬剤師Y子です。

先日、次男Jと私Y子の誕生日を祝う食事会のため、食べ放題の店に行ってきました。

 

生まれてから18年あまり、親が用意する食事を当然のようにパクパク食べていた息子たちですが、高校を卒業し進学のために家を出て一人暮らしを始めると、様子が変わってきました。

久しぶりに一家4人が揃って外食する時に、妙に気を遣ってメニューの中にある「ほどほどの値段のモノ」を注文するようになったのです。

 

「ああ、ちゃんと成長して、一人前の大人になろうとしてるな」と感じて嬉しかったのですが、せっかく外食してるのに遠慮されたのでは楽しさが半減してしまいます。

そこで、息子たちを誘って外で食事する時には、なるべく食べ放題の店を利用することにしました。どれだけ食べても料金は同じ。これなら誰も遠慮することなく、食欲の赴くまま自由に食べることが出来ます。 

f:id:Yakuzaishi-Y-co:20191005152858j:plain

 

わが家は全員が野菜・くだもの好きなので、食べ放題の店の中で私たちのテーブルの上だけが「一見、ベジタリアン風」であることが多く、わきを通っていく人が振り返って二度見していくこともあって面白いです。 

 

還暦を過ぎた夫婦だけの食事にも、休日の朝、ファミレスの朝食バイキングを利用することがあります。

子供たちが巣立ってから、いつのまにか休日の朝食は「その辺にあるモノをテキトーに食べる」ようになってしまい「このままではマズイなあ」と思っていた頃、よく通る道路に面したファミレスの前にデカデカと「朝食バイキング」と書かれているのを発見!

さっそくネットで調べて試しに利用してみたら夫婦とも大満足。その後、結構な頻度で通っています。

私たちが気に入っている店の朝食バイキングは「3才以下 無料」なので、小さい子を連れて来ている方も多く、その子たちの可愛い動きを見るのも楽しみの1つです。

 

一方、日本の子ども7人のうち1人は貧困家庭で育っている、と言われています。

その子たちに定期的に食品を届ける「こども宅食」を、ご存じですか?

ご存じない方は、下記サイトを是非ご覧ください。

私も、無理なく自分に出来ることをしていきたいと思っています。

kodomo-takushoku.jp

 

 

妊婦さんにインフルエンザ予防接種を!

薬剤師Y子です。

私は今年も、インフルエンザワクチンの接種を受けました。

昨年は全く副反応が起こらなかったのですが、今年は少しだけ局所が腫れ、わずかに倦怠感も。その夜は早めに寝て、次の日に起きたら、もう副反応は消えていました。

f:id:Yakuzaishi-Y-co:20191020121545p:plain

接種の当日、一緒に順番を待っていた知人女性から「Y子さん、この予防接種って、妊娠中や授乳中の人は受けたらダメなんですよね?」と質問されました。

とんでもない! どちらも受けられるし、特に妊婦さんには是非とも受けて欲しい!

その場では長々と話せないので「そんなことないですよ~。妊婦さんにも授乳婦さんにも赤ちゃんにも無害で、メリットの方が大きいんですよ」とだけ伝え、あとで彼女が納得するまで詳しく説明しました。

 

「胎児に悪影響があったり母乳に移行したりするので妊娠中や授乳中は使えない薬」の存在が知れ渡っている上に、ワクチンに関してネット検索すると「反ワクチン派」の主張も目に入ることが多いから、誤解されやすいんですよね~。

薬剤師として働いている現場でも、ワクチンや薬やサプリメントについて様々な誤解が想像以上に広がっていることを強く感じます。

 

こんな記事も見つけました。

www.newsweekjapan.jp

 

パックンが書いた上記の記事は「はしか」に関するもの。

話を、都内で今シーズンの流行が既に始まった季節性インフルエンザ、そして「妊婦さんや授乳婦さんは、どうすべきか」に戻します。

 

こちら、東京都の公式サイトです ↓

www.metro.tokyo.jp

 

妊婦さんの場合、インフルエンザに感染すると重症化する場合があるので、ワクチン接種が勧められています。

日本で使われてるのは「不活化ワクチン」で病原性はないし、胎児に悪影響を及ぼしたという報告もなし。妊娠中のワクチン接種によって、生後6か月までの乳児のインフルエンザ罹患率が低下。生後6か月未満の乳児へのワクチン接種は認められていないので、そういう意味でも妊婦さんへのワクチン接種、絶対オススメです。

 

一方、授乳中の女性は、妊婦さんと違って「インフルエンザの重症化リスクが高い」わけではありません。また、お母さんが接種を受けても「母乳を介して赤ちゃんも予防効果を得られる」わけではありません。でも授乳中の女性がインフルエンザに罹ってしまった時、近くで過ごすことが多い赤ちゃんにうつってしまうことは大いに考えられます。

薬剤師Y子としては、私に相談してくれた授乳婦さんが「接種を受けたいのだけれど子供に有害かも知れないから我慢しているのか」「人混みに行く機会が多いのか」等を考慮して、慎重に答えたいです。

 

インフルエンザに罹ってしまった時のことも含め、こちらのサイトが一番わかりやすかったので、是非ご覧ください ↓

omaezaki-hospital.jp

 

これから次第に寒くなりますので、皆様、ちゃんと着て、ちゃんと食べて、ちゃんと休んで、助けを求めるべき時には声を上げて、生き延びて下さいね。

 

 

即完売! 間に合わず・・・

Mです。

買ってもいいかな、と思って案内先に出向いたが、時既に遅し。

SSD 240Gbは、即完売だった。無念。

f:id:otto-M:20191017120757p:plain

調べてみたら、アイオーデータさんの叩き売り会場には、日替わり、とまではいかないものの、不定期に「わけありSALE」品を掲載してた。どれも、数は少ないので、気づいた途端に買われてしまうのかも知れない。DVD無垢メディアからディスプレイまでいろいろな機器、アイテムがあるが、どれもみな少々難あり、とのこと。スーパーで、傷のあるリンゴが「わけあり」で安売りされているのと同じで、製品の箱に直接宛先ラベルを貼って配送したものが返品されたり、誤配だったり、店頭に着くまでに煮崩れして箱が傷み、店側に受け入れ拒否されたり、などなど、様々な「わけ」があって再販売となったものだという。

精密機器とは言え、たかが箱の汚れや破れなどで中身が変わることは無いのだから、PC周辺機器の「わけあり」大歓迎である。

秋葉原に出向くたびに、ジャンク屋お兄さんたちの店を巡るが、ときおりそこにも「わけあり」につき半額、なんてものがある。持っていて得だと思ったら即買いしているが、そうそう幸運には出会わない。

そんな機会をアイオーデータさんが提供していることを、もっと早く知りたかった。

さて、今度はメールが来るのを待たずに、毎日チェックだな!

SSDの大安売り 買いかも!

Mです。

  f:id:otto-M:20191016124957p:plain

7月に記した持ち運び型で丈夫なSSDアイオーデータさんの力作だ。そのアイテムのうち、先行していた型番の機種、つまりは、旧型ということになるが、その大安売り上方がメールされてきた。 

www.yakuzaishi-y-co.work

 アイオーデータさんの機器はいくつか使っていて登録してあるから、その上方に沿ってお知らせが時々降ってくる。

今回は、どうやら旧タイプの240Gbモデルで、梱包ミスや表面の傷などではねられていた返品ものが、貯まってしまったらしく、そのたたき売りのようだ。丈夫だから叩き売りできるのだろう(大笑)。

上記記事で紹介した2代目では扱わなくなっていた最小容量240Gbモデルなので、チョット迷うが、半値近い割引ということだと食指が半分出かかっている。

IO DATA SSPH-UT240K プレミアム・アウトレット : アウトレットコーナー | IO DATA通販 アイオープラザ

ここのところ、立て続けに自作マシンを並べてしつらえているので、あっち から こっちとアプリやデータの移動が重なっていて、64Gb USBメモリー大活躍の状況なので,240Gbでもだいぶ楽になる。

早速購入用のデータ登録だ!

購入できたら、改めて使用感をまとめてみたい。